どんな利点がある?awsを運用することで得られるメリット

Amazonが提供しているクラウドサービスがawsです。awsを使用しているユーザーは多い傾向にありますが、ユーザーが多いからawsは良いだろうと決めつけるのは浅はかだと言えます。そこで今回はawsを運用することで得られるメリットについて紹介していきます。

awsを運用することで得られるメリットを知っておくことで、awsの良い部分を活かしていけるでしょう。

awsの運用ではセキュリティ対策が要

初期費用がかからない

他のサービスではサーバーの構築を行うために初期費用が必要なケースが多いです。そのためサーバーの構築を行いたい場合は纏まったお金が必要になるでしょう。初期費用がかかるケースでは、ある程度の資金力がないと気軽に始められないという問題があります。

それに対してAmazonが提供しているawsでは、初期費用が必要ありません。初期費用が必要ないため、誰でも気軽にクラウドサービスを利用できるというメリットが得られます。機材やソフトウェアライセンスにお金を使わなくていいので、使いたいサービスへの投資に多くの資金を使えるようになるでしょう。

awsは複数用意されているクラウドサービスの中から、必要なものだけを利用することができます。他のクラウドサービスの場合は月額プランが作られているケースが多く、データ使用量に関係なく毎月同じ金額の支払いが必要になるというデメリットがあります。

awsは必要なときに必要な分だけを使うことができるので、余計な出費を減らせるというメリットが得られます。月ごとのデータ使用量に応じて出費が変動するため、上手く活用できれば少ない予算でもawsの運用が可能になります。

サーバー台数の増減を自由にできる

他のクラウドサービスではサーバー台数の増減に制限があるケースや、サーバーの増設には時間がかかるケースがあります。運営しているサイトの規模が大きくなっても、すぐにサーバーを増やすことは難しいでしょう。同じようにサイトの規模が小さくなった場合でもサーバー台数を簡単に減らすのは難しいと考えられます。

awsはそのデメリットも解消できるという強みがあります。awsは仮想サーバーを活用できるため、サイトの規模に応じてサーバー台数の増減を自由に変更できるという魅力が得られます。稼働中のサーバーのCPUやストラテジー、メモリなどのサイズを変更するのも他のクラウドサービスでは難しいですが、awsはそれを可能にします。

サーバーのスペックを気軽に変更できるため、サイトのアクセス状況に応じてスペックを変更するという運用も可能でしょう。例えば日中のアクセスが多く、夜間のアクセス数が少ないケースであれば日中のサーバー台数を増加して夜間にはサーバーの台数を減らすという運用を行ってみるのも良いと言えます。

サーバー台数の増減を変えるのではなく、スペックの変更で対応するのも効果的です。日中と夜間での調整だけでなく、繁忙期と閑散期での増減も行えるのが魅力的なポイントでしょう。このようにサーバー台数やスペックを変更することで利用料金を少なくできるというメリットも得られます。

最先端の技術を簡単に活用できる

awsを運用することで得られるメリットの1つとして最先端の技術を活用できるというポイントが挙げられます。それも複雑な操作は必要なく、誰でも簡単に活用できるのが魅力的なポイントと言えるでしょう。awsにある125種類のサービスの中から必要なものをワンクリックで利用できます。

利用中のサービスが不要になった場合もワンクリックで利用を停止できるので、利用の有無を状況に応じて迅速に変更できるのが良いところだと言えます。オンプレミス型の場合はサービスの導入を行うまでの作業として、調査や設計、構築、再調整などが求められます。

これらの作業を求められることによって、膨大な時間と労力を消費するので気軽にサービスの利用を行うのは難しいと考えられます。またオンプレミス型は使用の有無に関係なく、作ったものは所持し続ける必要があります。

作ったのは良いものの使う機会がなかったとなれば、作った時間と労力が無駄になるだけでなく作ったものの置き場所にも困ることになります。awsを運用していれば、このような負担を負う必要がないでしょう。

awsのサービスは気軽に利用できるので、ちょっと試運転してみたいから使ってみようという行動が取りやすいです。

災害時の対策も万全

他のクラウドサービスを利用している場合は、災害が発生すると利用できなくなるケースも考えられます。awsの場合であれば災害対策が万全であるという強みも得られます。具体的な例として挙げられるのが、ITシステムの復旧です。

awsの場合は災害が発生したときでも短時間で重要なITシステムの復旧が可能になっています。awsは一般的な災害対策であるアーキテクチャのサポートも用意されています。このように災害が発生した場合の対策が用意されているため、仮に災害が発生した場合でも慌てることなくサーバーの対応が行えます。

セキュリティ対策に関するサービスも利用できる

クラウドサービスによっては自分でセキュリティ対策を導入する必要があります。awsも自分でセキュリティ対策を導入する必要がありますが、セキュリティに対応したシステムサービスを提供してくれているので、簡単にセキュリティ対策を取ることができます。

セキュリティサポートのサービスも用意されているので、セキュリティに関する分からない部分はサポートが受けられます。ユーザーの要望に応じてソリューションをスタッフが提供してくれるサービスがあるのもawsのメリットです。

継続的な値下げも魅力的なポイント

awsを利用しているユーザーは年々増加傾向にあります。ユーザーが増えれば増えるほど、aws側の利益は拡大していきます。その利益の還元を目的として、awsは継続的な値下げを行っています。継続的な値下げが行われることによってユーザーの負担額は減っていくという魅力があります。

負担額は減ってもサービスの中身は変わらないので、コストパフォーマンスが向上していると考えられます。新しい技術の値下げが行われるケースもあるため、資金力のないユーザーもawsを存分に楽しめるでしょう。

メリットを活かしながらawsを運用していこう

awsのメリットを知った上で上手く運用していくのが重要になります。

特にawsのメリットである初期費用がないことと、月額サービスではないことは上手く活用していくのが大切です。

自分のサイトへのアクセス数に応じてサーバー台数やスペックの変更もしていけば、経営を安定させやすくなります。他にもメリットがあるため、そのメリットを有効活用しましょう。

詳細→AWS監視・運用 マネージドクラウド | CloudCREW | GMOクラウド株式会社https://managed.gmocloud.com/managed/