awsの運用ではセキュリティ対策が要

awsをはじめとするクラウドサービスで不安になりがちなのはセキュリティ面です。awsでは運用上のリスクとなり得るセキュリティ強化に力を入れており、複数のセキュリティ対策の設定や監視システムなどのオプションを数多く備えています。

これらを利用環境に応じて適切に組み合わせて活用することでリスク回避が可能になります。awsのセキュリティ対策について紹介します。

どんな利点がある?awsを運用することで得られるメリット

クラウド運用上のセキュリティ

ビジネスの現場でクラウドを利用するのが一般的になり、テレワークなどの増加によりクラウド導入に拍車をかけています。awsはアマゾンが提供するクラウドサービスで、多くの企業が採用している安心と信頼性のあるサービスです。

今までオンプレミスで対応してきたシステムをクラウドに置き換えることで業務の効率化を図れるだけでなく、業務の効率化に結びつくなどメリットは多数存在します。一方、クラウドサービスにはデメリットも存在します。

一番のリスクとして課題なのはセキュリティ面です。場所を問わずインターネット環境さえ整っていればアクセスできるクラウドサービスは、関係者以外からのアクセスも容易にさせてしまうため、セキュリティを今まで以上に強化しておかないと重要な機密情報が外部に漏れてしまう危険性を持っています。

オープンな環境であるawsはオンプレミスと比較するとセキュリティは低いと思われがちですが、実際のところ最新のセキュリティを24時間体制で専門のスタッフが監視するため、awsはオンプレミスより強固に守られています。

加えてセキュリティ対策の費用を都度自社で全額負担する必要がないためセキュリティ対策のコスト面でもクラウド利用が有利になります。しかし、利用側の意識やシステムの設定などで制御する部分はしっかり制御しておかないと情報漏洩のリスクが高まるため、一定の基準を持って対策を施しておくことが大事なポイントです。

パスワード設定でセキュリティ強化

awsを運用する上での最も基本的なセキュリティ対策はパスワード設定での管理です。パスワードは手軽でかつ強力なセキュリティを実現できる方法であり、オンラインシステムでは当たり前の装備です。

しかし昨今のセキュリティ攻撃においてはパスワードを突破されてしまうケースも多く、確実性の高いセキュリティ対策とは言えなくなっています。アクセスするときに一手間増えますが、他のデバイスへの認証も兼ねる二段階認証や公開鍵認証を取り入れることで、より強固な対策となります。

公開鍵認証は、awsとユーザの間で保有する公開鍵を作成してお互いで認証する方式で、相互の鍵情報が一致しないとアクセスできないため非常に安全性の高い方法です。awsでは公開鍵認証が利用できるようになっているため、手間を惜しまずに公開鍵認証を取り入れる事がリスク回避の第一歩になります。

またパスワードの設定は定期的に更新を促す、利用する文字種別の制限を設け文字数も多く設定することで万が一パスワード突破をされるケースがあっても、突破までの時間稼ぎをすることができます。

セキュリティグループを利用

awsの運用セキュリティで推奨したい対策がセキュリティグループを利用する方法です。セキュリティグループはawsのEC2に設定できるセキュリティ方式ですが、awsに標準機能として備わるファイアウォールです。

パソコンのファイアウォールと同様に送信元や送信先のIPアドレスやプロトコル情報を設定しておく事ができ、それ以外の端末や環境からアクセスする事を防止することができます。オープン環境でパスワードだけの認証を行うより高度な環境を構築することができますが、クラウドサービスの利点を一部制限してしまうため、利用状況を加味して設置を検討する必要があります。

外出先からのアクセスはユースケースとして存在しない、VPNを常に利用する環境が整っている場合などはセキュリティグループ利用をおすすめします。開発時やメンテナンス時には設定されているセキュリティグループを一時的に解除してテストを行い、再度設定し直す事を人為的に行う事がありますが、この際セキュリティグループをし忘れるなどヒューマンエラーによってセキュリティホールができてしまう事もあります。

セキュリティを変更する必要がある設定時には2人以上での確認をする、外部環境からのアクセステストを必須にするなど手順化させるとともに、パスワード設定をするなど二重の対策を重ねておくことでリスク回避することができるでしょう。

セキュリティバッチを利用してセキュリティホールをなくす

サーバ環境を自由自在に操ることができるのがawsの特徴の一つです。例えば、既存のサーバイメージを複写し新しいサーバを構築し利用開始する事なども簡単にできるのがクラウドならではの利点です。しかしセキュリティ状態が常に最新の状態で複写されるわけではないケースもあります。

同じ環境で複写したからセキュリティ面も大丈夫と認識してしまいがちですが、実はセキュリティが古くセキュリティホールが存在する状態でリリースしてしまうケースも少なくありません。そのためawsのサーバを複写した場合でも新規でサーバを作成するときと同様に必ずセキュリティバッチをあてて、最新のセキュリティ状態であるか確認を行う事がリスク回避になります。

セキュリティはインスタンスやサーバ毎の設定が可能で、外部に露出する事が多いものほど高いセキュリティをかけておくことができます。セキュリティを高くすればアクセスするまでの手間が増え利便性が失われる事になるため、利用頻度や情報の機密性など総合して判断する事が必要です。

その際、どの環境がどのようなセキュリティ状態になっているのか、最新のセキュリティバッチをいつ更新したのかなどを可視化できるようにしておく事がaws運用上最も有効なセキュリティ対策です。

awsの監視システムを活用

awsには監視システムもオプションで利用できます。監視システムは常時awsサーバーの状態を監視し、不正ログインなどがないか巡回し異常を検知するとアラートを発する仕組みです。その分負荷がかかるため費用面やアクセス速度などに影響を及ぼしますが、パスワード設定やセキュリティグループと同様にハード面からできる対策の一つです。

負荷を軽減するのであれば監視する頻度を変更するのがおすすめです。常時アクセスがされている部分の巡回頻度は高く、アクセスが限られている部分はアクセスされたときに巡回を行うなど、個別の設定で工夫すれば負荷を最小限にとどめることができます。

監視システムはアクセスの上流に設定すれば大丈夫と誤認識されているケースもあります。awsのアクセスは常に上流からされるとは限りません。直接下流のサーバにアクセスする事も可能です。そのため上流だけに監視システムを導入しても不十分であるケースが多く、すべてがまんべんなく監視できるような設定をすることが大事です。

awsの運用セキュリティはハードとソフト面の両方で守る

クラウドのセキュリティに不安を持つ声は多いのですが、常に最新のセキュリティで守られ必要に応じてパスワード設定やセキュリティグループ、監視システムなどを導入できるawsのセキュリティ対策は安心できる高さを誇ります。

しかし、ハード面では適正なセキュリティ状態を維持するとともに、ソフト面では利用側の意識を高く持つことが必要であり、この組み合わせで強固なセキュリティ対策が初めて成り立ちます。